isaym

/あゆみ伊佐

About あゆみ伊佐

This author has not yet filled in any details.
So far あゆみ伊佐 has created 121 blog entries.

コロナの不安を解消するには

こんにちは。 久しぶりのブログ更新です。 今年は世界的に新型肺炎コロナウイルスの影響が大きく、世の中の動きが変わってしまいましたね。 これまでのライフスタイル、働き方が大きく変わった方もきっとたくさんいらっしゃいますね。 私の方は セラピスト講座の中断や、公民館でのボランティア活動、地域の自治会や婦人会活動、 そして趣味の歌やヨガの活動など 全てがストップし、完全なステイホーム期間でした。 これまでやろう、やろうと思ってずっと後回しにしていた 洋服の断捨離、お掃除、模様替えを大々的に行う期間になりました。 動線が気になっていた冷蔵庫も動かしちゃいました。 使い勝手がよくなって、調理もちょっと時短になってきました。 そして運動不足にならないよう、YouTube動画を見ながら、ヨガの実践。 ヨガのポーズをとっている間は「無」になれる時間で、瞑想状態ですね。 これがものすごく定着してきました。 生活リズムを整えるのにもとても良かったようです。 かなり柔軟性がアップして、お腹周りも少しスッキリしてきました。 おうちも体もスッキリしてきたら、体がサクサク動きますね。 今年は梅干し作りにも挑戦しましたよ。 気づけば6月も終わりに近づき、今年後半になりますね。 [...]

会員向けの勉強会

コロナウイルスの感染対策で、さまざまなところで影響が出ていますね。 先日2/24、25の両日、フットセラピスト協会本部の本山先生が 東京からお越しになりました。 会員向けの勉強会の開催で、 今回はマンツーマンの実技レッスンと施術を受ける体験となりました。   先生の計らいで、見学も可能だったので 5時間ほど滞在された方もいて、気づきがたくさんあり、大変勉強になった、と とても好評でした。    

実技復習会を開催

こんにちは。 今月からスタートした実技復習会。 フットセラピー、ヘッドセラピー、ハンドセラピーのおさらいになります。 過去に資格取得した方が対象の復習会です。 今回はお二人の方の参加して、 またベテランセラピストの比嘉百代さんもいて、なんとも贅沢な会になりましたた👍 今回の参加の方はデイサービス施設での活動をされているので、 ベットでの施術以外にも、 リクライニングチェアで行った場合のコツや、 ベッドや椅子がない場合の、床で行う際の工夫について実践しましたよ。 資格講座の時は実技を一通り習うだけであっという間に過ぎていきます。 また、実技を覚えることに集中してゆとりが持ちにくいので、 復習会は、より濃い実践の学びになります。 また、それぞれが活動している場に合った工夫もお伝えしていています。 ※ ご迷惑をおかけしていますが、お問合せフォームが現在使えません。  スクールのお問合せなど、お電話で対応していますのでご了承ください。  090-6861-4116 伊佐

介護に役立つタッチセラピー

こんにちは。 今年初のブログになりました。 1月は地域の公民館にて 『介護に役立つタッチセラピー』と題して 実践中心の講座を行いました。 体験の前に、輪になって座り、膝や腰の痛みのお悩み、靴が合わなくてお悩み問題など それぞれの抱えていることが出てきて、 靴の履き方、選び方、また歩き方のお話もさせていただきました。 足のトラブルは靴選びや履き方もとっても重要です‼️   フットセラピーをさらに簡単な方法に置き換えた内容で ペアになって行います。 床に寝た状態での態勢の工夫や強さ加減などもお違いに伝え合いながら行うことで 良いコミュニケーションにもなります🎵 片足を終えたところで、揉んだ足とまだ触っていない足の重さの比較をすると 揉んだ足の軽さに皆さんとても驚かれます。   後半は、私が一人ずつに施術をしました。 受けることによって、こんなに気持ちが良いこと、 足がポカポカして軽くなることを実感されていました。 [...]

靴の履き方で6万歩歩いても疲れ知らずでした

こんにちは。 久しぶりの更新になりました。 先日、娘と京都に旅行してきました。 11月の初旬なので、紅葉はまだこれからという感じでしたが、 おかげで混雑は避けられて良かったです。       京都で新社会人で頑張っている長男と 大阪の大学に通っている次女も合流して、ゆっくりとディナータイムも楽しめました。     1日平均2万歩、 3日間で約6万歩歩きました。 特に伏見稲荷大社では、千本の鳥居をくぐりながら、延々と山を登っていったんだけど疲れ知らずでしたよ。 靴ひもの結び方を  足首がしっかり固定するヒールロックという結び方をすると、 足 本来の働きが出来て、ものすごく足が軽くなってどんどん歩けてしまう。 ふだん運動らしいことしてない長女もラクラク歩けてたけど、 [...]

認知症予防セラピーを学ぶ

フットセラピースクールの伊佐です。 私が開催している フット、ヘッド、ハンドセラピスト講座の日本フットセラピスト協会の 本山理事長が東京よりお越しになり、トレーナー更新講習会と認知症予防プログラム講座が2日間に渡り行われました。 講座を提供しているトレーナーは年に一度 更新講習会があり、講座内容の確認や実技のブラッシュアップをしています。 沖縄地区は5人のトレーナーが活動しています。 この時は本山理事長をはじめ、各々の活動の情報交換の場にもなっているので楽しみな日でもありますよ。   今年度から新たに、『認知症予防プログラム』という講座が始まるのですが、全国を先駆けて沖縄からのスタートになりました。 内容を大まかに書くと 1 認知症とは 2 認知症の種類 3 認知症の予防と対策 4 セルフセラピーと家族へのセラピーの実践 ということで、フットセラピーやハンドセラピーを活用したアロマオイルも用いたセラピーを取り入れます。 香りは大脳に直接働きかけるので、認知機能の維持が期待できますね。 [...]

足の指を伸ばすと人生が変わる

久しぶりのブログになります。 先日はフットセラピスト受講生の11名の皆さんと一緒に 『足の指を伸ばすと人生が変わる!  〜足から健康を考える〜 というセミナーに参加しました。   足指の変形、浮指、外反母趾、巻爪、膝や腰の痛み・肩こり・胃腸の不調・むくみなど体に起きるたくさんのトラブルも からだの土台である足の指を治せば、健康を取り戻せる! ということで「足元を見直す」ことがとても重要との再認識になりました。   そして普段履いている靴もとても重要です。 合わない靴をはいていることも上記のようなトラブルの原因になります。 逆に 合う靴をはいて歩くと足指を『正しく使って』歩くことができるようになるのですが その正しい歩きによって、いわゆる第二の心臓と言われるふくらはぎの筋肉もしっかり使えるのです。 直立二足歩行する人間にとって、 血液の循環、代謝、体温の生成、脳血流量の増加、血圧の維持などなど、健康に生きていくときに絶対に必要な動きです。 現在 足指を正しく使える正しい靴の選び方を学んでいます。活動的で自立した真の健康寿命を手に入れる方が増えるようお伝えしていきたいと思っています。  

春の不調の予防

4月にはいり、新入学、新社会人、ご移動、また住まいの変化など、新たな環境に入った方も多いですね。             我が家も娘が県外の大学を卒業し、帰沖して社会人生活がはじまりました。 下の娘も引越があり、3月は引越、卒業🌸などで家族のサポートに慌ただしくしていました。 残念ながら桜の時期ではなかつたので楽しめなかったんですが 娘の住み慣れた土地のご近所の河川敷ももう見ることがないんだなあと 少し散歩もしました。               先日は娘の運転練習も兼ねて [...]

環境の変わるご家族のサポートにも最適です

2月にフットセラピーを受講されたOさんが 先日試験に臨まれ、資格試験に合格しました。 実技試験の足モデルは、先月資格取得したばかりのAさん。 試験後には一緒にアドバイスを受けていただき、 復習にもなるし、さらに良さを実感できると思います。 お仕事のシフト調整をしながら、 2月に学科、実技を短期集中で学ばれ、 ご自宅では家族に練習相手になってもらい 楽しくすすまれていました。 旦那さまが手術をしたことがあり、毎日のように膝のマッサージをされていたというOさんは、 力加減や流れを覚えるのも早く、とても安定感がありました。 もともと家族にしてあげたいという思いで受講されましたが 学んでいくうち、家族以外の方にも施術してみたい! という意欲が湧いてきたそうですよ。 この春は お子さんの環境も変わるそうですが、様々なサポートに加え、 フットセラピーをすることで、さらにリラックスしたり、前向きな力になるサポートも可能ですね。 学科試験最中は私はハーブティーでリラックス。 このお茶は先日南城市のウコンサロンで買った ブレンドハーブティー『空』といいます。 [...]

講座開催しています

ブログの更新が すっかりあいてしまっていますが 今年に入り、フットセラピー講座を開催しました。   イベントなどで楽しく活動している友人に大いなる刺激をもらったというCさんが 見事フットセラピスト試験も合格しました。 またお問合せいただき、スクール説明会も開催しました。 お二人の方にセラピー体験もしていただき、講座開催が決定しています。 やはり、ご家族のケアに役立てたいという愛のある素敵な方が多いなあと 嬉しくなります。   以前は説明会日時を設けていましたが、 なかなか日程が合わないというケースが続いたいたため、 このところはお問合せいただき、日時を決めています。